カニは人間同様に水がないと生きていくことができない

人間が生活する上で、切っても切れないのが水です。

水の役割は喉の渇きを潤すための飲み水としてはもちろんの事、一日の疲れを綺麗さっぱり癒してくれる、お風呂にも使われています。

他にも晴れた日にはお日様の匂いがして、気持ちの良い衣服の洗濯や食事をした後の食器の片付けなど、本当に色々な場面で使われています。

改めて考えると、普段の生活の中で水があるのが当たり前のように思いがちですが、これからは水を無駄遣いしないように心掛けていきたいと思います。

そして、自然に暮らす生き物達の中でも、特に水辺に住む生き物達は人よりも水と近い関係にあります。エビと並んで広く知られているカニも水が欠かせない生き物です。

カニは数多くの種類が世界中の色々な場所に生息しています。

また、その種類の多さから水辺であれば、海以外の場所でも川や渓流といった所で見る事が出来ます。もしも、物凄く離れた場所に生息しているカニ同士が初遭遇した時には、お互いに見た事もないのでとてもビックリしてしまい、すぐに仲間だとは思わないかも知れません。

しかし、どんなに離れた場所に住んでいても水が必要という部分は同じなので、仲良く出来るように新鮮で美味しい水をあげたいと思います。そうして仲良くなったカニを見ていると、改めて水を大事にしようと思います。