ワキガ対策するならまずは服を綿素材のものにしましょう

ワキガ体質の主婦です。10年前に受けたボトックス注射の効果で汗とワキガ臭が激減しましたが、それでも少しでも手を抜いてしまったらあの憎きワキガ臭がしてきます。

プルーストクリームの効果と私の口コミ!効くか効かないか徹底検証!

手を抜くというのはどういうことかといいますと、服の素材チェックを怠ってしまって化学繊維で出来た服を着てしまうということです。特にポリエステル100%の服はワキガの敵です。ほんの少ししか汗をかいていなくても、すぐにワキガ臭がするのです。

デザインが可愛い服って、けっこうポリエステルとかアクリルとかが多めに入っていることが多いんですよね。でもそういう化学繊維が多く使われている服はワキガがひどくなるから着ないようにしましょう。

また、抗菌作用やニオイ軽減の効果が備わっている肌着もワキガの敵です。タグを見てください。綿ではなく化学繊維が使われていますよね。ワキガ体質の人がそういう肌気を身に着けたら、間違いなくワキガ臭がしてきます。ニオイ軽減というのは普通の汗のニオイであって、ワキガ臭ではないのです(商品にもそうやって注釈を入れてほしいですよね)。ワキガのニオイを倍増させるだけなので、化学繊維で出来た肌着は着ないようにしましょう。

ワキガには綿100%の服が一番です。綿の服は汗をたくさんかくとべったり肌にくっついて気持ちがよいものではないけれど、ワキガ臭がしないならそれぐらいの不快はどうってことないですよね。綿100%でなくても、綿の割合が化学繊維よりも多めの服を選びましょう。個人によって違うかもしれませんが、私の場合は綿60%だとワキガ臭がギリギリするかしないかぐらいになります。汗を大量にかくとワキガ臭がしてくるので、汗をかきそうな日は綿90~100%の服を着るようにしています。